うるおいのある活気に満ちた刈谷のまちづくり

くらしの相談対応

10月12日 雨水ますつまり対応2(くらしの相談)

台風11号の影響で、以前市に清掃して頂いた雨水ますが再び詰まっていました。

地域の清掃活動で、それを地域の方が発見し、つまりを取り除いて頂きました。

その量がとても多く、処分までできなかったため、市に対応してほしいとの相談を頂きました。刈谷市農政課に相談したところ、直ぐ回収して頂きました。ご協力ありがとうございました。

10月7日 デンソー開発のスマホアプリがデジタル庁から受賞

 デンソーが運転者の交通安全意識向上を目的に開発したスマホアプリが、デジタル庁から「good digital award」において、モビリティ部門の「優秀賞」を受賞しました。

 このアプリをインストールしたスマートフォンが、人にやさしい運転をすると高評価となります。刈谷市・あいおい損保と協働し、yuriCargoプロジェクトを発足。アプリを通しこれに参画すると、アプリ利用者は安全運転を継続することで、「優秀ドライバー認定証」が発行され、指定のコメダコーヒー店でお礼をもらえます。又、急ブレーキや急ハンドルの多い道路ポイントを集計し、交通安全対策を実施することで、運転者と行政双方で交通事故を減らす活動をしています。これが評価されたと思います。関係者の皆さんおめでとうございます。

 まだご利用のない方は、以下の刈谷市HPからyuriCargoをダウンロードして、安全運転のレベルアップをされてはいかがでしょうか?

 

刈谷市yuriCargo(ゆりかご)プロジェクト

https://www.city.kariya.lg.jp/.../kotsuanzen/yuricargo.html

 

9月22日 T字交差点(通勤路)の交通安全対応

 相生町2丁目交差点北のT字交差点に2方向の横断歩道が有りますが、「塗装が薄くなり横断歩道と認識し難くくなってきた。横断歩道を渡ろうとしても、以前より通過する車両が多くなった様に感じる。再塗装してほしい。」とのご意見を頂きました。
 早速、くらし安心課通じ、刈谷警察署に連絡頂きました。ご対応いただきました。これで、横断歩道と遠くからも確認できるようになり、交通安全も維持できるようになったと思います。関係各位のご協力に感謝申し上げます。

9月5日 【くらしの相談】通学路の安全確保

 以前、見守りに参加した際、県道の路面の凹みがあったこと、又、雨水ますから雨水があふれていた対応をしてほしいとご意見を頂きました。県道の路面については、市から県の土木事務所へ修繕依頼していたできました。又、雨水ますについては、刈谷市農政課が主管部署でしたので、対応をお願いしました。
 

その以後修繕を行っ県道の路面の凹みについては、応急処置を行って頂いてのですが、て頂きました。大型トラックも通過するため、割れたアスファルトの破片が飛散することによる怪我の心配もなくなりました。

路面が凹んだ状況。

凹み周辺も含め修繕実施

 

上:雨水桝周辺に雨水があふれていました。 下:雨水枡の水路詰まりを2回清掃、改善されました

草刈も行っていただきました。

 

 

 

 

 

 

8月2日 【くらしの相談】生活道路の修繕

  自宅前の路面舗装の凸凹が多くあるので、対策してほしいとのご意見を頂きました。
地区長からも要望書の提出のご協力をいただき、刈谷市の担当課に相談させていただきました。
 刈谷市農政課に、現地を確認いただき対応して頂きました。とてもきれいに舗装をし直していただきました。ご対応ありがとうございました。

このページの先頭へ