政策テーマの詳細「安心・安全」「活力」「人づくり」の3つのテーマに積極果敢に取り組んでまいります。

県政レポート更新情報

県政レポート10月号発行しました。

県政レポート10月号.PNG
 
 
県政レポート10月号.pdf
 
 
 
【主な記事】
○刈谷スマートIC(仮称)国の新規事業化が決まる!!
国は産業振興や物流効率化等の効果が期待される刈谷スマートインターチェンジの新規事業化を決定し刈谷市の事業として平成33年度末開通を目指す。
 
○直近の課題と将来の成長に向けた政策を進める!!
県内企業の海外展開支援策として平成30年1月からインドネシアのジャカルタに愛知県のサポートデスクを設置する。また、あいち自動運転ワンストップセンターを開設。
 
○愛知県の出前講座(企業内保育所設置勉強会)が待機児童対策に結び付く!!
県内初の出前講座を刈谷商工会議所主催にて開催し、その反響から県内企業100社規模まで拡大した企業内保育所設置に関する勉強会が行われる。
 
○西三河知多アクセス道路がもたらす整備効果!!
愛知県の日本を代表する製造品出荷額は約44兆円(全国1位)であり、道路整備がもたらす効果として物流効率化による生産性向上やアクセス性向上が期待される。
 
 
 

刈谷スマートIC(仮称).png

 

県政レポート7月号を発行しました。

県政レポート26号.PNG
 
県政レポート26号.pdf
 
 
【主な記事】
 
○西三河知多アクセス道路の構想実現に向け推進協議会として知事要望 !!
 3月末に愛知県知事へ要望書を手渡す。知事からは課題である物流の効率化への整備効果も踏まえルート帯の選定に向けた概略調査を進めているとコメント。
 
○新たな成長分野の創出「オールあいちで自動運転社会」の実現を目指す!!
 自動走行実証験事業では国の規制緩和の動きと連動して遠隔型自動運転システムなどを活用した実証実験を実施し自動運転社会を目指したい。
 
○第3次あいち地震対策 アクションプラに基づき堤防耐震化6月完成
 南海トラフ地震の津波に備え着工した猿渡川堤防(刈谷市小垣江町)の耐事工事が6月末に完了し県内工事では初となる。
 
 ○愛知県初中小企業の海外展開支援で豊田通商と連携協定締結へ!!
 企業ニーズが複雑化する中、現地でビジネスを行う商社の知見、海外ネットワークの活用は極めて有効であり、こうした新たな取り組みでより実践的な体制強化を図る。
 
 
県政レポート画像.PNG
 

県政レポート4月号を発行しました。

県政レポート25号.JPG県政レポート25号.pdf

 
【主な記事】
○愛知県初 中小企業の海外展開支援で豊田通商と連携協定へ!!
民間企業の知見、ノウハウ等を活用した本県の新たな取り組みとしてインドネシア、
タイなど4カ国の海外展開支援をより実践的な体制に強化していく。
 
○平成29年度当初予算における主な新規事業
ロボット産業拠点、地震防災対策の強化、働き方改革に取り組む企業支援など。
 
○国の制度を活用した待機児童対策と愛知の保育士確保に向けて
有効な施策の選択肢として企業主導型保育事業の推進と保育士確保に向けた処遇
改善に加え、業務負担の軽減にも積極的に取り組んでいく。
 
○新規路線として西三河知多アクセス道路の構想実現に向け推進協議会立ち上げ!!
産業集積による物流促進と防災機能向上を図り、国道23号線の渋滞対策に効果の
高いアクセス道路の実現に向け3月末に愛知県知事へ要望会を開催する予定。

25号画像JPG.JPG

過去の県政レポートを見る

このページの先頭へ