政策テーマの詳細「安心・安全」「活力」「人づくり」の3つのテーマに積極果敢に取り組んでまいります。

活動報告

愛知県へ有料道路利用者の利便性向上を要望!!

 私は10月6日開催の建設委員会の場で、愛知県が全国初となります国から国家戦略特別区域の認定を受け、来年10月からスタートする県内有料道路8路線の運営事業(県道路 公社⇒民間事業者による維持管理・運営)の実施方針の公表を目前に控え、多数の民間事業者による応募に期待を込め、予測交通量を下回った場合の負担の考え方や、創意工夫・経費節減努力による収入増となった場合のインセンティブの考え方を質してまいりました。さらに、民間事業運営後の利用者の期待として、利用料金の減額、パーキングの魅力向上、スマートインターの増設についての努力を強く要望してまいりました。尚、今月中に全体の実施方針が大村知事より公表される予定です。

コンセッション.png

 

 

西三河地域の道路整備促進を大村知事へ要望!!

平成27年10月5日(月)、刈谷市の竹中市長をはじめ安城市、企業の代表者の方々とともに愛知県西三河地域における県道名古屋岡崎線、県道小垣江安城線などの道路整備促進に向けた要望を知事公館で行いました。今後の地域活性化や物流ネットワーク形成による民間企業の国際競争力にも寄与する道路整備の促進に向け、地元自治体、企業からの大きな期待の声を届けてまいりました。

要望書提出1.png

 

からくり改善くふう展2015を現地現物で観る!!

製造現場で働く人達が、技術・技能のレベルアップを図ることにより、作業効率向上・品質向上・職場環境向上等について、現場の知恵と工夫で改善した現物やモデルを一堂に集め、展示・紹介する「からくり改善くふう展」です。2000年から東京都と愛知県で交互に開催し、今回は第20回記念として、過去10年の最優秀受賞実機も展示するなど「歴史街道」の企画も織り込まれ、経済産業省、愛知県後援のもとポートメッセ名古屋で開催されました。

【主催 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会 平成27年10月1日(木)~10月2日(金)】

からくり1.png

                       これまでの手作業を ⇒自動化し時間短縮及びコストダウン効果大

このような「からくり改善くふう展」を平成283月頃目途に 刈谷市でも開催されるよう、今後愛知県に働きかけてまいります。

 

安全運転支援システム実証実験現場を実験用車両にて試乗体験

交通安全対策として高度道路交通システム(ITS)の取り組みが愛知県ではじまっています交差点の右折時衝突防止支援システムなどの実証実験で交差点に設置したセンサーと車が連動し、車が右折する時に死角となりやすい対向車、歩行者を検知し、ドライバーにモニター画面を使って知らせる仕組みとなります。

ナビなび.png

 

 

2018年女子ソフトボール世界大会開催地に立候補を発表!

愛知県ソフトボール協会は愛知県及び、名古屋市、刈谷市を開催都市として立候補することとし、今後、10月末予定の国際ソフトボール連盟総会による開催都市決定に向け、各機関と連携し愛知県開催に向け積極的に取り組んでまいります。

ソフトボール.png

6月定例県議会〔6月22日〕の代表質問にて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の競技招致について質問し、大村知事は競技種目への復活が期待される野球・ソフトボールは、地方での試合開催の可能性があるため、既に日本ソフトボール協会等への働きかけを始めており、引き続き、本県の優位性を関係者にアピールしていくと答弁していた。

 

このページの先頭へ