政策テーマの詳細「安心・安全」「活力」「人づくり」の3つのテーマに積極果敢に取り組んでまいります。

県政レポート7月号を発行しました。

県政レポート47号

【主な記事】

○明治用水頭首工漏水問題の抜本的対策を早期に求める!!

 5月17日、大規模な漏水が発生し農業用水、工業用水の供給が停止。東海農政局は豊田市内の「明治用水頭首工」に仮設ポンプを設置し取水をはじめ、その後、仮設構造物による自然取水が始まり農業用水、工業用水の一定利用は可能となったが抜本的な対策が急がれます。

○愛知県の令和4年度 補正予算について!!

 明治用水頭首工漏水問題への対応として、農業用水確保に向けて市町等が行う緊急的な取り組みを支援する。次にコロナ禍における原油価格・物価高騰等への緊急対策を実施する。
 そして、新たにヤングケアラーの発見・把握から支援までを一貫した体制で取り組むモデル事業を実施してまいります。

○刈谷ハイウエイオアシスに刈谷スマートICが開通!!

 自動車大手部品メーカーの本社や生産拠点、多様なサプライヤーが数多く立地する刈谷市に、刈谷スマートICが開通。伊勢湾岸自動車道の豊田南ICから豊明IC間にある刈谷パーキングエリアに接続するインターチェンジ。今後の「産業生産性の向上」「物流コストの削減」「交通渋滞の緩和」「周辺地域の活性化」などの整備効果が期待されています。

○セントレアラインで秋頃に自動運転実証実験を実施!!

 中部国際空港と対岸のりんくう町を結ぶ空港連絡道路で秋頃に自動運転の実証実験実施。
 磁気を車両が読み取り進む「磁気マーカー」方式で、空港周辺の自動運転を実用化する構想の実現に向け、小型バスを使用しデータの蓄積と課題の検証を進めてまいります。

このページの先頭へ