安心・快適で、活力ある刈谷のまちづくり

12月議会市政レポート

R3年12月議会レポート

皆さん明けましておめでとうございます。

 今年は、コロナも落ち着き、皆様方が平穏な年をお迎えできることを願っていました。しかし、コロナの第6派を覚悟しなければならない状況となってしまいました。皆様に於かれましては、昨年以上に感染防止に留意いただき、充実した1年にしていただく事をお祈り申し上げます。

 昨年12月議会のレポートを纏めました。内容は、以前に私が議会で要望した内容が具現化した事業や、一般質問(経営逼迫する、水道・下水道事業)について記載しました。お時間がありましたら、一読いただければ幸いです。

又、1月12日刈谷市議会臨時議会が急遽開催されます。昨年末に、国が全額国庫補助事業として決めた、生活困窮世帯への10万円/世帯への給付事業と、昨年12月議会で可決された18歳以下の子供に10万円を給付(全額国庫補助)する事業での支給要件から外れた世帯へ、市単独で同額を支給する事業です。

国の支給要件では、主たる生計者の所得制限(3人世帯で約960万円以下)がありましたが、所得制限以下でも、共働きなどの世帯所得で考えると、1千万を超える世帯も多く、不公平などの声があり、所得制限撤廃にあたる事業です。

 今年度も、必要な事業に確りと予算化できる様に務めて参ります。

(同様の事業は、豊田市、みよし市、一ノ宮市などと聞いています)

 

 

このページの先頭へ