辻山秀文のお約束 安全で安心して暮らせるまちづくり、心のふれあいのあるまちづくり、伝統を重んじ希望のもてるまちづくり

ブログ

ー 当初予算編成に関する要望書 ー

 令和2年度安城市当初予算編成に関する要望書を本日、神谷市長に手渡し要望内容の説明を行わせていただきました。令和2年度安城市当初予算編成に関する要望書は会派「みらいの風」として、6つの重点指針と大項目11に対し、細分化した85項目を今回、要望させていただきました。
 本市は2035年まで人口増加が続くと予想されていますが、少子高齢化の波は着実に押し寄せており、また、老朽化が進む公共建築物や橋梁など社会資本の整備保全には今後大きな予算も伴います。全国有数の財源力を誇る今のうちに中長期的な自治体経営ビジョン」を策定し、将来に持続可能な自治体となり得るよう、新たな歳入の確保に向けた市独自の定住人口や昼間人口の増加、新産業の創出、民間企業や市民活力の創造など、これまで以上に」市民との関わりを深めて、新たなまちづくりと社会資本整備を進め、健全財政も堅持しつつ、子どもから高齢者までが生き生きと夢を持ち暮らせるスマートな社会の実現に取り組んでいくべきと提案しました。
 私たち「みらいの風」は引き続き勤労者・生活者が真に望む社会の実現に向けて力強く取組を推進するため、政策提言を行うとともに、市民から信頼され機能する議会を目指し、議会改革についても積極的に進めて参りますのでご協力をお願い致します。

このページの先頭へ